外注業者に依頼 | 結婚式で演出を選ぶなら動画を選んで印象アップ

外注業者に依頼

プロに任せる仕事

結婚式の演出で映像を使って新郎新婦の紹介をするプロフィールビデオをゲストに楽しんでもらうことは、映像だから表現できる二人の生い立ちのイメージがわかりやすく伝わるという魅力があります。
この「表現できる」という部分にプロとアマチュアの違いがあるといえます。
現在では映像加工や編集を行うことができるソフトウェアやパソコン本体がリーズナブルに提供されるようになっていることで、自分で映像作成を行うことを考える人も少なくありません。
ですが、結論から言えば映像編集の分野はプロに任せる仕事です。少なくとも、趣味を公開する時間ではなくおもてなしをするべき結婚式の演出に、自作の映像を使うことは適切とはいえません。
もちろん、自信がプロ級の腕前を持っているならば話は別ですが、多くの場合はアマチュアの粋を出ません。
写真素材をどのように使っていくのかという点だけでも、アマチュアでは単なる写真の羅列になったり、エフェクトだらけの見苦しい映像になったりしやすいです。その点、プロは経験とセンスから上手な写真の展開を行ってくれます。
更に、編集技術そのものもレベルが高く、アニメーションを使った表現や画像加工を行った表現を含めた、最高の演出と最高の結婚式のためにできることを全て投入してくれます。
ですから、まずそもそも結婚式の演出で映像を使いたいなら、プロに頼むことは前提条件だといえます。

自分で発注する

結婚式場に映像を使いたい旨を相談すると、式場側が業者を紹介してくれることもあります。ですが、その紹介をそのままOKすることは良いことだと断言できません。
なぜなら、結婚式場が発注する映像作成業者の料金は中間業者となる結婚式場に対するリベートも加算されているからです。
ですから、結婚式場が紹介する業者を利用するよりも、自分で見つけてきた業者を利用するほうが適正価格でサービスを受けられます。
結婚式場によって演出を自分で外注するときには持ち込み料がかかることもありますが、その料金を支払ってでも映像による演出は自分で外注するほうが良いです。
演出にこだわるかどうか、それがやってきてくれたゲストの感想と印象を左右することは間違いないため、導入する演出には手を抜かないことが大切です。