始まりの合図 | 結婚式で演出を選ぶなら動画を選んで印象アップ

始まりの合図

開始時間の知らせ

結婚式は演出に動画を利用して開始時間の知らせを行うことが今では一般的になっています。
それは、映像編集技術が一般的になったからこそ利用できる手法で、従来のスピーチなどによる開始宣言よりもよほど自然な形で結婚式の時間に入り込むことができるのが特徴です。
動画による演出によって、様々な血縁関係で集まったその場にいる全員の気持ちを、「今から式が始まるんだ」という方向に向けることができる最良の方法として、今では動画による演出が積極的に行われています。
結婚式場に集まったゲストたちは、席次表にそって席について、早く到着した人から挨拶もそこそこに近況報告や世間話に花が咲いていることもあります。
その会話の流れを大きく切り裂いて結婚式の始まりを告げて、人によってバラバラな到着時間やテンションも統一するためには、大きなインパクトがある方が強いです。
そこで、結婚式の演出ではオープニングムービーを作成して流すことが一般的になってきました。
開始時間の知らせとしてもっとも有用な方法だからこそ、オープニングムービーが定着したといえます。

公演前に出る音

映画を見に行った経験、アイドルやアーティストの公演を見に行った経験、舞台を見に行った経験、それらを振り返ってみれば、多くの場合開演前に何らかの音が流れるようになっています。
ミスターマリックの登場音楽は、音楽だけが流れてきてもこれから本人が登場するようなイメージを与えます。アントニオ猪木の入場音楽も同じような意味を持ちます。
これらは全て、主役の登場やメインイベントの始まりを告げる音で、観客の注意を全てショーへ向けるための演出です。
それと同じように、結婚式の演出で映像によってこれから式が始まるという印象をあたえることは、良いスタートダッシュを切ることにつながります。